動物

【悲報】8年間繁殖の努力をしていたオニオオハシ 2羽ともメスだったことが判明  円山動物園の担当者「力が抜けた…」

 札幌市円山動物園(同市中央区)は、熱帯鳥類館で雌雄のペアとして2013年から飼育・展示しているオニオオハシ2羽のうち雄と思われていた「トト」が性別判定の結果、雌だったと明らかにした。

円山動物園は国内業者から2羽を「雌雄のつがい」として購入。オニオオハシは外見で性別を見分けるのは難しいが、トトはくちばし、体が比較的大きく、雌の「ポコ」に対する求愛行動も見られたため性別を疑わなかったという。

 16年から産卵を確認していたがふ化せず、検査した卵は全て無精卵だった。20年に巣箱の内部にカメラを設置して観察すると、卵の多さからトトも産卵した可能性が浮上。

DNAを調べた結果、2羽とも雌と分かった

ソース全文はコチラ

オニオオハシ 性別判定した結果 - ライブドアニュース
ライブドアニュースは、幅広いジャンルのニュースをいち早くお伝えします。わかりやすさ、読みやすさにこだわり、記事の核心をまとめた要約をつけています。




ネットの反応

苦しかったら泣きなさい
文藝春秋
¥1,375(2021/06/22 03:00時点)

初めての卵に喜ぶ夫婦

コメント

  1. 分かりづらいなら最初に遺伝子検査でもしろよ