感動

日本人柔道家に海外感涙 負傷敗者にとった“一流の気遣い”

 東京五輪が迫る中、日本の女子柔道選手の行動が海外から称賛を浴びている。ブダペストで開催中の柔道世界選手権。12日の女子78キロ超級決勝は日本人対決となったが、勝った朝比奈沙羅(ビッグツリー)が負傷で歩けない敗者の冨田若春(コマツ)をおんぶして畳をおりた。

国際柔道連盟公式ツイッターが動画を公開すると、海外ファンから「見習うべき模範」と絶賛されている。

日本人柔道家に海外感涙 負傷敗者にとった“一流の気遣い”に「泣いてなんかないさ」(THE ANSWER) - Yahoo!ニュース
 東京五輪が迫る中、日本の女子柔道選手の行動が海外から称賛を浴びている。ブダペストで開催中の柔道世界選手権。12日の女子78キロ超級決勝は日本人対決となったが、勝った朝比奈沙羅(ビッグツリー)が負傷




ネットの反応

試合中は真剣勝負の敵。
試合が終われば柔道を愛する同じ仲間。

朝比奈選手には昔から一本筋が通ったものを感じていました。文武両道であるし武士道も持ち合わせている

スポーツには、盛り上げることや、興行を成功させるための煽りがあってもいいと思うが、それよりも常に競技や相手に対するリスペクトがあってほしい

勝った人間ならではの思いやり。
医学生らしい、立派な振る舞いですよね。
スポーツは「心・技・体」が揃ってナンボ。

これぞ日本の柔道であり、柔道家だ。
素晴らしい武道家の振る舞い、スポーツマンシップの体現だ。

2020年  朝比奈沙羅 ハイライト

コメント

  1. そんなに大騒ぎするほどの事とは思えんが
    海外じゃ自国人同士の対戦で同じことが起きても
    ほったらかすのが当然なのか?
    スポーツマンシップとか○○家としての矜持とか理解できないのかね