【お知らせ】動画共有サイトLiveleak閉鎖について




面白

伊是名夏子さん「私はわきまえる障害者になろうとは思わない」

障害者がまだ生きやすくなったのは、私たちの「先輩」に当たる障害者の方たちが、時に座り込みまでして訴えてくれたからです。その結果、電車にも乗れるようになりました。そういう歴史を私は知っています

不便さに慣れ、「わきまえる障害者」でいる人は我慢しなくていいんです。一緒に社会の理不尽さに異議を唱える「仲間」になってくれたらうれしいです。

Twitterの反応を見ていると、私と同じように来宮駅で車いすが使えず、夜道に熱海で下車せざるを得なかった経験をした車いすユーザーもいるようです。

私は「わきまえる障害者」になろうとは思いません。ブログを書いたのも腹いせのためではなく、誰もが生きやすい社会になるよう皆さんに考えて頂きたいと思ったからです

ソース全文はコチラ

「一番のショックは車いすの人からの批判」伊是名夏子さんが「わきまえる障害者」になりたくない理由(GLOBE+) - Yahoo!ニュース
骨が折れやすい障害を持ち、車いすを利用するコラムニストの伊是名夏子さん(38)=川崎市在住=が書いたブログがソーシャルメディアで賛否を呼び、誹謗中傷する投稿も飛び交う事態となっている。




社民党常任幹事、伊是名夏子氏のJRへの要求

ネットの反応

  • この人ただのクレーマーだし、あまりにも利己的すぎる
  • なんか、自分が全て正しいみたいな論調で違和感しか覚えなかった
  • 車椅子ユーザーの友人が「こういう人が権利を履き違えてるせいで余計に行動範囲が狭くなる」と嘆いてました

障害者差別ってなんなのか改めて言うぞ、おい!

ツイ民「車椅子ユーザーが大変なのは分かる、でもね…」
最近何かと話題の無人駅での車椅子移動問題車椅子ユーザーは毎日大変、バリアフリー化は進んでほしい、障がい者がいたら臨機応変にサポート、というこ...

コメント

  1. ここまで来ると、頭の中身も····なんでしょ?となるよね。

    +1