ネギとパセリの種を買ってきた。やっタネ!
ニュース

【動画】ヤクルト高津監督が猛抗議の場面  中日リクエスト成功で試合終了

バンテリンドームで行われた中日対ヤクルト18回戦で、最終回に珍しいプレーが起こった。

 1対0と中日リードで迎えた最終回、ヤクルトは守護神R.マルティネス投手を攻め、1アウト1,2塁のチャンス。ここで代打・川端選手の当たりはセカンドへ。

 これを捕った堂上選手が1塁へ送球したがセーフに。この後ファースト福田選手はセカンドベースに入った京田選手に送球し、京田選手はセカンドベースを踏む。本来ならフォースアウトとなるが、2塁塁審のアウトのジャッジがない。

 フォースアウトのはずの1塁ランナーが、1,2塁間で挟まれる間に、3塁へ進塁したランナーがホームへ、今度はボールがホームに送球され、そのランナーもアウトとなりダブルプレーが成立。

ここで試合は終了となったが、たまらないのはヤクルトサイド。「2塁の塁審がフォースアウトを宣告していれば、3塁ランナーがホームに走らなかったのでは」と高津監督が猛抗議。

高津監督も猛抗議の場面がコレ…1塁走者フォースアウトの場面で2塁塁審が無言 3塁走者が本塁憤死で試合終了 | 東海テレビNEWS
『高津監督も猛抗議の場面がコレ…1塁走者フォースアウトの場面で2塁塁審が無言 3塁走者が本塁憤死で試合終了』

ネットの反応

コメント

  1. 将来的には試合中のグラウンドに人間の審判が要らなくなるんじゃないのか。
    ドローンが何台も飛んで最適のアングルでジャッジを下すようになればこんな事も無くなるだろう。

本日のおすすめ記事 ↓