ニュース

一般人にドッキリを仕掛けた20歳YouTuber 撮影中に射殺される

20歳のYouTuberティモシー・ウィルクス氏は今月5日、テネシー州ナッシュビルのファミリー向けトランポリン・アドベンチャー施設の駐車場で、自身のYouTubeに投稿するためのイタズラ動画の撮影を行った。

その内容は、ウィルクス氏とその友人らが肉切り包丁を持って、通行人を恐喝するというもの

ところが動画撮影中の9時20分頃、恐喝された通行人グループの一人である23歳男性が身の危険を感じ発砲。撃たれたウィルクス氏は命を落とすことになったのだ。

『WKRN』によると、23歳男性は「イタズラであることは知らなかった」と供述。現在まで起訴はされておらず、警察は正当防衛に該当するか調査しているという。

ソース全文はコチラ↓

20歳YouTuber、肉切り包丁で通行人を恐喝。過激ドッキリの動画撮影中に射殺される事故発生|FINDERS
「クリエイティブ×ビジネス」をテーマに、新たなイノベーションを生むウェブメディア




現地ニュース映像

ネットの反応

  • ドッキリ、クレームの類は禁止にしないとね
  • 銃社会と知っていながらよく相手を逆撫でする行為できるよ。致し方ない。
  • 脅された側の恐怖は本物だろう
  • 街中で通行人を刃物を持って脅してたら普通の人は恐怖を感じると思います。正当防衛が成立すると思います。
  • さすがアメリカさん
Hiro
Hiro

芸能人のドッキリはギャラが発生するからいいものの、素人さんはやられ損だよな

ユーチューバーが消滅する未来
PHP研究所
¥968(2021/02/11 09:26時点)

怖すぎるドッキリ




BuzzCut

コメント

  1. 護身用に銃を持っていてもおかしくないのに。
    これは立派な正当防衛が成立するでしょう。

    0