衝撃

「エイズ」と入力すると「武漢人」と翻訳してしまうGoogle翻訳が炎上!

2021年11月26日、環球網は、Googleの翻訳システムである言葉の翻訳をかけると「中国を攻撃する言葉」が出てくるとして中国のネットユーザーから怒りの声が噴出し、Google側が修正する騒動があったと報じた。

記事は、中国版ツイッター・微博で26日、多くの人がGoogle翻訳システムについて「非常に憤りを覚える状況を発見した」とし、英語から中国語に翻訳する際に英語の部分に「エイズ」と入力すると「武漢人」と訳出されたという報告が相次いだと紹介。

環球網の記者が実際に試してみると「エイズ」「エイズウイルス」「エイズ患者」といった言葉の中国語翻訳が「武漢人」となったほか、ロシア語から中国語の翻訳でも同様の翻訳結果が出たと伝えている。

「エイズ」と入力すると「武漢人」、Google翻訳が炎上―中国メディア
26日、環球網は、Googleの翻訳システムである言葉の翻訳をかけると「中国を攻撃する言葉」が出てくるとして中国のネットユーザーから怒りの声が噴出したと報じた。写真はGoogle。

話題の投稿

 POCKETALK
POCKETALK(ポケトーク)
¥36,058(2021/11/29 05:38時点)

Let It Go をGoogle翻訳で訳したら大変なことになった

コメント

  1. 2020年2/12テドロス発言
    「特定の地域を連想させる名前を肺炎の名称とするのは良くない」

    此れが切っ掛けでコロナに呼び名が変わったんだよ
    元は武漢肺炎だ、しかも名付けたのは中共だから

  2. 日本は中国人だらけになったな

本日のおすすめ記事 ↓